2007年06月11日

アーティスト

妻は、時々、人を殺したい心境になると言います。

私は、その気持ちを直させようとは考えていません。

そういう気持ちを「芸術」に向ける時、素晴しい作品を生み出す力になると思うからです。妻は、私以上に芸術的センスを持っていると感じています。

私は、ベルディやプッチーニのオペラが好きです。そこで描かれている世界はどろどろした悲劇です。

悲劇でなければ、あのアクロバットなオペラ・アリアの表現など出てこないことでしょう。平和なドラマでは、あり得ません。

詩、小説、戯曲、美術、舞踊、ロック・ミュージック、恋愛?…

アートとは、苦悩の表現ではないでしょうか。

ベートーヴェンもショパンも深い苦悩が音楽として表現されていると感じます。

生まれた境遇への不満、社会への不満、怨み、呪い…

そういった抑圧された気持ちこそ芸術の種といえるように思います。

「苦悩とは、アートなのだ。」

私は、苦悩から逃れることを文章で書いてきました。より良い自分になろう。できた人間になろう…

しかし、苦悩を表現する術を得られるのなら、苦悩は否定どころか肯定されてしまうのです。より良い自分を目指す必要も、できた人間になる必要すらありません。

聖者のように美しい生き方をするも、芸術家のように変人的な生き方をするも、その人の本音から出るものなら否定できないことだと思います。いずれにせよ、「情熱」のある生き方って素敵だと思います。

自分のパーソナリティ(性格)に失望することをしないで、「情熱」を持って打ち込めるものを見つけてみませんか?

無理をして自分を変えるのではなく、今の自分を表現できる「情熱」を心に持ちたいものだと、私は思います。

さて、妻のことですが、危険を感じさせられることはありますが、「打ち込むものさえあればだいじょうぶ」だと考えています。


posted by 盛岡のしろねこ / 佐藤 潤 at 11:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 心と体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。