2007年06月15日

奇跡

これから私が伝えたいことは、失った腕が生えてくるような奇跡を言っているのではありません。

たとえ片腕を失ったとしても、メジャーリーグの投手になれる。たとえ両足を失っても、義足でフルマラソンを走れる。といった奇跡です。

あるいは、HIVに感染したとしても、明るく人を励ます生き方をすることで、免疫が賦活され、エイズが発病することなく、幸せな生涯を終える人もいるかもしれません。

このような奇跡は、テレビ等を通して、知っている方が多いのではないでしょうか。

奇跡といっても、科学に反するようなことではありません。

ここでいう奇跡とは、もちろん本人の猛烈な努力の賜物とはいえますが、それ以上に、その人を支えるサポータの存在が重要です。一人孤独の中での努力では、そういった奇跡を起こすことは困難といえるでしょう。励まし合う輪の中で起りうる「愛の奇跡」なのです。

私は、実際に重い障害を克服した経験があります。やはり、両親、学校の先生、クラスメート、そしてクラブの厳しい先輩に恵まれ、猛烈な努力をすることができました。障害を克服するって、ちょっとやそっとの努力ではダメなんです。だから、サポーターの励ましの力が必要なんです。

メジャーリーグが何だ。フルマラソンに何の価値がある。長生きすることに意味があるのか。

そう言われてしまうと返す言葉はありません。そう考える人に、自分の価値観を押し付けるわけにもいきません。

ただ、私は誰かを応援するサポーターでありたいし、そういうサポーターが増えていくなら、きっと素晴らしい社会になっていくのだという信念を持っています。

私は、夢に生きたい人、希望を持ちたい人を応援していきたいです。


posted by 盛岡のしろねこ / 佐藤 潤 at 19:51| Comment(9) | TrackBack(0) | 心と体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。