2008年06月27日

東京でのレッスン… 高円寺の猫ちゃん

昨日は東京にて、とある素晴らしい先生より、サウンドヒーリング関連のレッスンを受けてきました。

それは、これまで受けたすべてのレッスンの中で、一番、祝福されたものだったと思います。

残念ながら、ここでその内容を明かすことはできません。私の声楽のスキルにも大いに繋がる素晴らしいレッスンでした。ただ、レッスン内容と異なるようでいて、そうでもない、最も重要なことについて、ここではお話しようと思います。

それは、先生から、「父母を敬う」ことへの誓いをさせられたことです。

この親に生まれたことには決して偶然のことではなくて、重要な意味があるということ。その意味を無視して、親に不満を持って生きてきたことが、これまでの自分の運命を曇ったものにしていたということ。

親を言葉で変えようとしないこと。親子には、「絆の力」がある。それゆえ、自分が良い方向性を もっていくと、言葉を超えた「絆の力」によって、親に幸せな人生を与えることができること。また、子には親方の家系をも救う使命があるということ。

私は、そういった「絆」のことをこれまで無視して生きてきたように思います。

祈る時、被災地で苦しんでいる人や、困っている人のために祈ることはもちろんだけど、まず初めに祈らなくていけないことは、親へ感謝の気持ちを込めて祈ること。それは、私たちの運命を導いている存在への感謝ともいえるのだということ。祈りのみならず、日常の生活においても、親へねぎらいの言葉を「積極的に」掛けること。「父母を敬う」ことは、最も基本的なことで、何よりも優先的に考えるべき問題であるということ。

親子の「絆」が円滑なものとなれば、素晴らしい導きがどんどん受けられるようになり、与えられた人生が輝くものとなっていくということ。

昨日は、私の誕生日でした。一つ歳を重ねたわけですが、何か新人に戻った気分です。


絶対にしてはいけないこと。

それは、他者を変えようとしないこと。



kouennji cat 080626.jpg

写真は、レッスンの帰りに第二の故郷でもある高円寺に立ち寄った際、公園で出会った猫ちゃんです。この猫ちゃんは、携帯のカメラを向ける私に振り回されることなく、動じることもなく、のっしのっしと歩いていきました。私も、何事にも一喜一憂しない安定した心を築いていきたいなと、 ふと考えさせられました。

どうも、猫好きなもので…


posted by 盛岡のしろねこ / 佐藤 潤 at 20:33| Comment(2) | TrackBack(0) | ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
親子ってなに?
Posted by BlogPetのコロ at 2008年07月01日 08:24
一番、大切にしなくてはならない「絆」なのだと思います。
しろねこは、そういった基本的なことを軽視してきたと反省しています (=^・^=)ノ
Posted by しろねこ at 2008年07月03日 05:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。