2011年04月25日

聖なる都

昨日、私が通っているカトリック教会のイースター・ミサの後の祝賀会で、教会役員の方から依頼されていた歌のコーナーで歌う責任をどうにか果たすことができました。

その日は、とても体調が悪く、帯状疱疹の回復間もなく、練習もほとんどできない状態でしたが、神様の愛が強く感じられて不思議に頑張ることができました。録音を聴き返してみると、反省点ばかり目立つのですが、現場においてお客様を喜ばせたという意味では大成功だったと思います。歌声より、全身を使っての表現が功を奏した感じもします。

1曲目 「聖なる都」 作曲:S.アダムス 歌詞:宮川喬
2曲目 「アヴェ・マリア」 作曲:F.P.シューベルト 歌詞:高橋洋子
3曲目 「オンブラ・マイ・フ(ラルゴ)」 作曲:G.H.ヘンデル 歌詞:イタリア語
4曲目 「アヴェ・マリア」 作曲:F.P.シューベルト 歌詞:ラテン語

録音は、1曲目〜3曲目ですが、お客様からせがまれて、もう1曲歌いました。仙台教区から来ていたお客様に、この曲(ラテン語のアヴェ・マリア)と仙台教区の神父様との係わりをお話したところ感動が深めてくださったようでした。

2曲目で完全にエネルギーを使い切ってしまい、3曲目で、さらに絞り出してしまったことから、4曲目では、10曲分の頑張りが必要でした。多分、聴いている方には、そんなことなど分からないのでしょう。

とはいえ、感動的で思い出深いひと時でした。


4月24日の演奏

http://shironeko-cafe.seesaa.net/article/197636342.html#comment
※再生できない場合は、mp3ファイルをダウンロードすることで聴くことができます。


ラテン語のアヴェ・マリア
http://shironeko-cafe.seesaa.net/article/27049082.html#comment





posted by 盛岡のしろねこ / 佐藤 潤 at 09:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 声楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よかったですね!演奏会。
しろねこさんの伸び伸びとして透き通った声が聴けてオイラも嬉しいです。
日本語で歌うのに慣れてらっしゃる様で無理せず言葉が聞き取れるのは尊敬に値します!
さすが生真面目と謂わせる程の魂が込められた歌は、
しろねこさんの「歴史を」感じさせます。

オイラもパソコン勉強して歌をup出来るよーになりたいな〜
Posted by きゅ〜ぴ〜qp at 2011年04月25日 16:36
きゅ〜ぴーさん、コメントありがとうございます。

実は練習不足に体調が最悪で、キャンセルしようかとも頭をよぎりましたが、上手く歌うことを諦めて、お客さんと心を通わせて歌うことだけに集中したんです。

多分、今までで一番「おおらかな気持ち」で歌えたように思います。

パソコンに関しては、若い友人たちに感謝ですね。いろいろ教わりました。同年代は、パソコンはダメなようなので…

きゅ〜ぴ〜さんのあのオペラ、ぜひ再演したいですね。ドン・ジョバンニもそうですが、自分とは性格が真逆のキャラクターを演じて見たいんです。快感というか…
ぜひ、やりましょうね (=^・^=)ノ


Posted by しろねこ at 2011年04月25日 21:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。