2006年10月27日

涙の日本一

昨夜は、日本シリーズ 日本ハム vs 中日戦をテレビにかじりついて見ました。

なんてたって、SHINJO最後の試合となるかもしれない試合でしたから。

特別、日ハムファンというわけではなかったけど、SHNJOはいつも気になってならない存在でした。

特に、SHINJO最後の打席の涙には、ジーンときましたね。

いままで、いろいろなチームの日本一のシーンを見てきたけど、昨夜の日本一の感動は、今まで体験した事のない、とっても新鮮な感動でした。

SHINJOの影響なのか、日ハムの選手たちって、個性が輝いていると思いました。
半年前のSHINJOの引退宣言がチームの団結心へと繋がり、「シンジラレナ〜イ」(ヒルマン監督語録)奇跡が起こったのだと思います。

北海道の皆さん、おめでとうございます。


posted by 盛岡のしろねこ / 佐藤 潤 at 07:40| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しろねこさん、こんばんは!
ファイターズ、やりました〜!日本一、最高です!

私は一昨日から、涙、涙でした。
金村投手が投球前に、何度もスタンドに頭を下げる姿を見て、
絶対に勝ちを掴んでほしい!と、強く念を送りました。
そして、渾身の投球で5回無失点でチームも勝ち、ヒルマン監督と抱き合った時、
もう・・・号泣でした!
感動でいっぱい、優勝に向かっての最高のドラマでした。
そして・・・昨夜のSHINJOの姿・・・。
めいっぱい野球を楽しんでいることが、全身から伝わってきましたね。
最後の打席のフルスイング、いさぎよかったです。

北海道に感動と夢を与えてくれ、元気にしてくれた
ファイターズに感謝です!
Posted by めろん at 2006年10月27日 22:50
めろんさん、おめでとう ( ^^)/▽
金村投手の活躍、ファンにとってはたまらないものだったのでしょうね。今回のシリーズほど、ファンの力を感じたものはありません。北海道の日ハムファンの方々、最高でした。
ビデオデッキが壊れたもので、母の美空ひばり専用機を借りてきて、感動の優勝の試合と翌朝のニュース番組をビデオに録りました。これは永久保存版ですね。
SHINJOがいたせいか、明るいチームでしたね。強いかどうかは別として、彼に日ハムの監督をやってほしいです。少なくとも、ファンに幸福感を与えてくれると思うなあ。SHINJOには、人生を楽しむことの素晴らしさを教えてもらったと思います。これからも学ばされることでしょう。きっと養老院に入るようになっても、彼なら楽しむに違いありません。しろねこの尊敬する人物にも加わりましたよ。
ヒルマン監督や主軸選手が退団するなど、来シーズンは厳しいものがあるとは思いますが、素晴らしき北海道のファンがいる限り、日ハムはやりますよ、きっと!
Posted by 盛岡のしろねこ at 2006年10月28日 07:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

日本ハムファイターズ 44年ぶりの日本一
Excerpt: 日ハム44ぶり悲願の優勝!
Weblog: 生活のキーワード
Tracked: 2006-10-27 17:47
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。