2013年03月23日

一年更新の人生

人間まだまだ生きられると思うから、欲張りになるような気がする。不平不満に陥るのだと思う。

「一年後に自分は死ぬ」と考えてみると、時間の過ごし方がかなり変わってくる。

○○は間に合わない。○○も間に合わない。

と、間に合わないことだらけなのである。

しかし、間に合うこともある筈だ。

というか間に合うことこそが、神と繋がっている事柄となってくるのである。

どうせ死ぬのだからと考えると、大胆にいらないものを捨てられる。

今やるべきことが絞られてくる。

まず、今触れ合っている人間が大切になってくる。

今やっている仕事が大切になってくる。

今触れ合っている人間に何をしてあげられるかを考える。

そして、死んだ時に困らない知識を学ぶことを優先させる。

これは、命のタイムリミットが少ない人間にしかできない行為といえる。

シュタイナーの霊学を学ぶことは、かなり有意義と言えるのかもしれない。

ブルース・ゴールドバーグもお勧めである。

瞑想とは、死ぬ練習として行うのなら意義が深まっていく。

つまらないことに時間を費やすことがなくなっていく。

今までに得た経験でできることで十分。その経験でできることを考えればよい。

死後、神の世界へ行けることが本当の人生の勝利とするなら、この世での成功はたいした意味はないと思えてくるだろう。

この世のヒーローにはなれなくても、天界でのヒーローにはなることができるのである。

ワクワクするような死後の世界。一年でそこに到達するために、価値なきものを見ぬき、ことごとく捨て去っていくのである。

1年リミットなので、1年生きられれば良いわけで、1年生きられるだけの借金をすればよい。

その程度なら、お金は借りられるし、食いぱぐれることは無い筈だ。

先のことを考えすぎるから、息苦しくなったり絶望するのである。

長期スパンで描く人生と違い、大きな夢は抱けないかもしれないが、ものすごく充実した時間は得られるのは間違いない。

もし、命日である筈の日に生きていたなら、また1年人生を更新すればよい。

無駄のない充実した時間が得られているので、少なくとも進化した魂で生きられる。もしかすれば、わずかながらも生活レベルも向上しているかもしれない。

本当は30歳を過ぎたら、一年更新の人生を歩むべきだった。実につまらないことに時間を浪費してきたように思う。

ただ私の場合、パソコンを始めたのが40歳だったので、パソコンを使いこなせるようになった今こそが、一年更新の人生に入る絶好のチャンスなのかもしれない。

パソコンがあれば、高額な書物を買うことなく、知りたい知識が得られるし、歌いたい曲のカラオケを作成して歌うこともできる。

私は、人前で歌う時が自分にとって最も清らかな時間なので、平常では得られない神との交流ができるし、その幸福感を聞き手に伝えることもできるのである。

パソコンを得て、そういった幸せを得れるようになった。貧乏ではあるが、会社を経営できるのは、ワープロソフトや会計ソフトを使いこなせるようになったからだし、そのことで自由な時間も多く得られるようになったと思う。

会社員だった頃は、休日以外は自分の意志に反した時間を強いられていたわけで、これでは、魂についての学びをしたり、瞑想する時間などどこにもなかったのである。

人生を一年と限定するなら、間違った価値観に騙されることなく、本当に大切なものだけが見えてくるように思う。

それって、素晴らしいことではないだろうか。

posted by 盛岡のしろねこ / 佐藤 潤 at 21:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 心と体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そっかあ
だからむずかしい話しも出来るんだね

オイラ、一日更新だからさあ
朝目覚めたら先ず命が与えられた事に感謝・・・夜には一日の反省と、次の日生きていたらこうしないとなって

だから、しろねこさんから観たら進歩が無い男だよ!
Posted by きゅ〜ぴ〜qp at 2013年03月23日 22:11
きゅ〜ぴ〜さん、コメントありがとうございます。
別の会員制サイトで、私が最も尊敬している友人も、一日更新だと言っておりました。不自由な体で毎日を全力で生きている…
そのことを思うと、一日更新の視点も大切かもしれないって考えさせられたんです。
来年のことはわからないけど、音楽活動続けていますんで、いつかご一緒できると信じております。よろしくお願いします (=^・^=)ノ
Posted by 盛岡のしろねこ at 2013年03月24日 15:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。