2007年03月24日

思い出のしろねことの再会

下の写真は、しろねこが最初に立ち上げた「キュードーシャ主義」というブログ(ココログ)の2005年9月28日の記事の中で紹介したしろねこです。

多分、毎日のパトロールコースの巡回中だったのでしょう。わき目を振らず前進していました。しろねこが「ニャー」とねこの鳴きまねをしたら、こっちを向いて関心を示してくれました。しろねこが近づいていっても逃げることなく、お互いに(多分?)幸せなひと時を楽しむことができました。

siro 05.09.28_1.jpg

siro 05.09.28_2.jpg

siro 05.09.28_3.jpg

siro 05.09.28_4.jpg

あれから約1年半の時が過ぎ、今日、そのしろねこと再会しました。

siro 07.03.24_1.jpg

綺麗なしろねこだったはずだったのに、哀れなほどに汚れていました。妻が抱きかかえると、とても幸せな表情をしてくれたのが、せめてもの心の救いでした。

siro 07.03.24_2.jpg

siro 07.03.24_3.jpg

こんなに汚れても、よぼよぼになっても、頑張って生きている、野生のひたむきさに感動を覚えました。

生きるって大変なんだ。だから、生きるだけでも十分に素晴らしいんだ。

神様に愛されているからこそ、生きるんだ。

しろねこは、ひたむきに生きることに、もっともっと誇りを持とうと思いました。



「世界フィギュアスケート」・女子シングル、安藤美姫選手が金メダル!浅田真央選手が銀メダル!日本人選手が表彰台の1位2位を占める素晴らしい結果となりました。中野友加里選手も5位と大健闘!しろねこはテレビでしっかり見ましたよ。感動しました。
特に、浅田真央選手は、前日のSP5位から歴代最高点を更新する演技で、一時トップへと大逆転した瞬間には興奮しましたね。
前日のSP1位のキム・ヨナ選手(韓国)は2度も転倒してしまったことで、前日のSP2位で逃げ切りできる立場となった安藤選手はリスクのある4回転サルコウを避けての完璧な演技。そのことは、ちょっぴり残念ではありました。トリノ五輪では15位と地獄を味わい、昨年12月の全日本選手権では、演技中の右肩脱臼の激痛を押して勝ち得た世界選手権への出場権でした。ミキティ、本当におめでとう!(3月25日、早朝記)



posted by 盛岡のしろねこ / 佐藤 潤 at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。