2007年06月14日

お互いに理解し合えないのが人の世だから

しろねこがGREEを始めてから、約50日が経過しました。

今日も、交流していた友人が、また一人退会しちゃいました。

かなり、ショックを受けています。

しかも、

わずか50日で13人もの友人が退会しちゃいました。前日まで、素敵なコメントを残してくれていたのに…

退会の理由はわからないままではありますが、時々、誹謗中傷のコメントを目にしてはいました。コメントによる心と心のキャッチボールをしている中に入ってきて、会員同士の友情をぶち壊すようなコメントを書く人がいましたね。

間違いを指摘してあげることすは愛情の印の一つかもしれません(1対1でできるメールの方が親切かもね)。それはそれでいいのだけど、相手の人格を否定する発言はどうかと思います。相手の存在をうっとうしく思うのなら、無視して付き合わなければいいだけの話。どう考えても悪意が感じられてなりません。

本当に友達なら、相手の欠点も丸ごと愛せるはずなのにね。

友達とまでいかなくても、理解し合いたいのなら、お互いにエチケット守ろうよ。

はっきり言って、GREEの場合、≪波長の合わない人≫と付き合う必要なんて、どこにも無いのだと思います。仕事ではないのだし…

ゲリラ的にクリック(アクセス)してみて得た感触ですが、

100人中2〜3人の確率で足跡コメントが付けられて、リピーターとなると、さらにその中の2%ほどに過ぎないようです(計算はかなりアバウトです)。

これって、電話営業でアポ取れる確率と似ているなあ。もしかして、カウンセリングで効果を得られる人の確率も、この程度なのかもしれません…

お互いに理解し合えないのが人の世なんだと思います。

だからこそ、理解し合える人間関係は宝物のように思えてなりません。

しろねこは、その宝物を大切にしたいです。


posted by 盛岡のしろねこ / 佐藤 潤 at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。