2008年03月04日

17.モチベーションを高める

3月に入ってから、生活が充実してきているように思います。

まず、健康面で大きな変化がありました。

私は、5年程前から高血圧に悩まされてきました。上が150以上下が100以上は当たり前、上が180、下が120を超えることもしばしばでした。

2月の終わり頃から、毎日、1時間以上のウォーキングを始めました。また、大リーガーのイチロー選手が愛用しているという足裏マッサージローラーによるマッサージを仕事の合間にやっています。

3月には行ってから、上が120台、下が80台で安定してきました。いつ測定しても、同じような数値です。どうやら、ウォーキングや足裏マッサージローラにより血流が良くなることで、心臓のポンプへの負担が減り、血圧が改善されたのかもしれません。

パソコンで仕事をしていると、動かないので血流が滞り、その結果、高血圧になっていたのかもしれません。また、同じ姿勢を長時間やっていたことで、首の椎間板ヘルニアにもなって頭痛に悩まされてきました。これは、水泳をしたり、ダンベル運動をするなどして、首周りの僧帽筋を鍛えることでしか良くならないのだそうですが、血流が良くなると不思議と頭痛がしなくなりました。

もう一つは、寝る前に約30分、クリスタルボウルの音色のCD(「倍音浴 ECHO OF SILENCE MAKINO JUN」 ピンポイント 2,800円税込)を聴いています。不思議と、誘眠剤を飲まずして熟睡できています。これのお陰で、朝スッキリ起きられるようになりました。

朝スッキリになったところで取り入れた習慣なのですが、「一日の段取り帳」なるものを付けるようになりました。手帳サイズで、手帳より少し厚めのメモ帳を選びました。

まず、いつもより少しだけ早く起きて、この「一日の段取り帳」に、今日一日に何をするかの段取りをできるだけ詳しく書いていきます。

ダイアリーは、大切な予定や約束事を記入するのは良いのですが、スペース的に詳しく一日の段取りを書くわけにはいきません。また、日記帳となると、夜に一日を振り返って書くものなのだと思うのですが、多くの場合夜は疲れて書けないことが多く、長続きしません。

朝に、この「一日の段取り帳」を付けると、なぜか「やる気」が湧いてきます。昨日に嫌なことがあったとしても、断ち切ることができるようです。手帳サイズなので、常に携帯し、日常のメモも記入します。できなかったことは、横線を引いておきます。つまり、夜に思い出すことなく、それ自体が日記帳にもなるわけです。

大切なことは、「今日一日」のことだけを考えます。明日のことは考えません。前日、横線を引いてあるの見て、今日それをやればいいわけです。明日のことは一切思い煩わないようにします。ダイアリーの方には、何日も先のスケジュールを書き込みますが、「一日の段取り帳」では、今日一日のことだけをテーマにします。

何日も先まで詳しく予定を立てちゃうと、上手くいかない場合、どんどんやる気を失ってしまいます。

今日一日をしっかり過ごせると、良い明日に繋がります。そういう生活が習慣化していくと、一日一日の生活が確実に進化していくと思うのです。

「一日の段取り帳」を用いると、思いつきで行動することが少なくなります。

生活に迷いがなくなり、やることを一つ一つ確実にこなしていくことができます。

何より、朝に一日の段取りを書きながら、「やる気」(モチベーション)を高めることができるのです。

私の場合、とくに午前中にうつ病による激しい落ち込みが起こりやすいことが多いので、この習慣が、うつ病の治療に効果をもたらしてくれるのではないかと期待しています。


朝に、今日一日の段取りをしてみよう。
ちょっとした「やる気」が、生活を大きく進化させていくと信じよう。


※このフレーズを10回声に出して唱えると、アファメーション(ポジティブな言葉を繰り返し唱えて潜在意識をクリーニングすること)の効果がありますよ。
氷山の水に沈んでいる部分のように、意識より無意識(潜在意識)の方が、10倍も大きいのです。
意識を良いものに変えようと努力しても勝ち目がありません。
黒いコーヒーの入ったカップに水道の水を注いでいくと、やがて透明になっていくように、アファメーションによって潜在意識をクリーニングしていきましょう。

※努力しなくては得られないような幸福ばかり追い求めていては、やがて疲れ果ててしまいます。
四季の美しさを味わうことでも、100円ショップで売っている霧吹きボトルに水を入れ、同じく100円ショップで手に入る好みのアロマオイルを数滴たらしてアロマミストを浴びるようなことでもいいのです。日常の中で見つけられる、簡単に手に入る、「小さな幸せ」を毎日感じる練習をしていきましょう。
そうすると、好不調の波が、激しく大きな波から小さな波となっていき、やがて穏やかな波へとなっていくことでしょう。幸福体質を築いていきましょうね。

※薬は、脳内の伝達物質等のバランスを改善できる効果があるのだと思います。そういう意味で重要なのだと考えています。しかし、薬を飲んだからといって、生活習慣までは改善してはくれません。
 生活習慣を改善する部分においては、本人の自覚と努力が必要になってくるのだと思います。アファメーションとは、頑張る方法ではなく、無理せずに、自然に心の持ち方を改善していく心のエクササイズなのです。

※アファメーションは、ダイエットに似ています。月に1回だけやったからといって痩せることがないように、毎日取り組まなくては効果が出ません。毎日、取り組まれることをお勧めします。

参考文献:『自信の法則』 ジェリー・ミンチントン=著 弓場 隆=訳 (ディスカバー)


posted by 盛岡のしろねこ / 佐藤 潤 at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | アファメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。